楽器の種類・特色には、どんなものがあるのだろう?

大きく分けて、4つあります。

指で鍵盤を弾く鍵盤楽器、ピアノやオルガンなど。作曲をしてみたいと思っている人には、鍵盤楽器が向いています。

棒で打ったり、振ったり、こすったりして音を出す打楽器。打楽器には、体鳴楽器、鍵盤打楽器、膜鳴楽器、気鳴楽器、特殊楽器などがあり、主にパーカッションと呼ばれているものです。曲のテンポやリズムを決める、一番重要と言えるのが打楽器です。

弦を弓で擦ったり、指で弾いて音を出す弦楽器。弦楽器には、擦弦楽器と發弦楽器の2種類あります。擦弦楽器には、ヴァイオリンやチェロなど。發弦楽器にはギターやハープなどがあります。弦楽器に関しては、楽器により担当するパートが分かれています。ヴァイオリンは主旋律を担当する事が多く、花形だとするならば、チェロは中低音担当の楽器です。ギターにも、アコースティック・エレキギターなど、和音を中心に弾き語りや単弾きなど様々な演奏方法があります。

唇の振動によって音を出す管楽器。管楽器には、木管楽器と金管楽器の2種類あります。木管楽器には、クラリネットやフルート。金管楽器には、トランペットやトロンボーンなどがあります。学生の部活でみる、吹奏楽部で使われているのが、金管楽器です。

まずは、興味の惹かれたものから・・・

楽器の特色から、興味のある楽器が出てきませんか?興味の惹かれた楽器、昔やってみたかった楽器などはありませんか?

多くの人が、新しく何かを始める時には、わくわくとした気持ちと不安な気持ちがあります。思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

サックスは、ジャズやクラシックなどの音楽に用いられる楽器として知られ、最近では巷でレッスンが行われる機会が増えています。g