車検費用の内訳について知っておこう

みなさんは車検費用の内訳について考えたことはありますか?実は”車検費用”と呼ばれるものは、国の定めた税金などの『法定費用』、車検を受ける店舗ごとに定められている『基本料や代行手数料』、車検の検査項目にある部分のメンテナンスなどを行う『整備費用』など、様々な費用の総称のことなんです。とにかく安く車検を受けたいのであれば、この内訳ついてはある程度理解しておいた方がいいんですね。知っているだけで大幅に費用を下げることだって場合によっては可能になってきます。

『法定費用』に割引はありません

『法定費用』と呼ばれるものは、具体的には自賠責保険料・重量税・印紙代の3つを指していて、この3つの項目は国で定められている費用ですので、店舗ごとに価格差はありませんし、割引されることも絶対にありません。つまり、どこで車検を受けても必ず同額かかってくる費用になっています。また、一部の店舗ではこの『法定費用』のことを『諸費用』と記載していることもありますので、それも併せて覚えておいた方がいいでしょう。

車検を安く済ませるのであればここに注目すべき!

車検を安く済ませるためには『法定費用』ではなく、その他に注目せねばなりません。つまり『基本料や代行手数料』と『整備料』ですね。この2項目の中で整備に必要な部品代以外は車検を受けた店舗の利益となる部分ですので、交渉次第で割引は可能ですし、店舗ごとに価格設定も異なってきます。中でも『整備料』には注目すべきです。車検には検査項目というものがあり、その基準を満たしていれば車検は通るのです。言い換えれば、基準内であればそのタイミングで取り急ぎ交換する必要がないんですね。そういったところで店舗は利益をとってきますので、事前に見積もりをとって交渉することをオススメします。

車検が切れた車に乗って事故を起こした場合は一発で運転免許証の免停期間になります。さらに任意保険に入っていたとしても、補償されないことがほとんどです。