ダブルリードが特徴の木管楽器

オーボエは、クラシックや吹奏楽で使用される木管楽器の一種ですが、大きな特徴としてはリード部分が「ダブルリード」になっているということが挙げられます。そして息の吹き込み口がストローのように細くなっており、他の楽器と比べて少ない息で演奏することが可能になっています。そのため、長い息を必要とするフレーズの演奏にも便利な楽器だと言えるでしょう。さらにダブルリードは自作する必要があり、その出来の良し悪しで音色が決まってしまうということも大きな特徴です。

オーボエの持つ仕組み

オーボエの長さは70cm程であり、「上部管・下部管・ベル」という3つの部分に分解することが出来るようになっています。音を出すときは、ダブルリードを唇にはさんで息を吹き込み、指やキーを使って音程を操作します。そしてオーボエは、チューニングの必要な移調楽器とは違うため、「ド(C)」の音を吹けばそのままピアノの「ド(C)」の音を出すことができます。ですので、オーケストラでチューニングを行う際に、基準となる「ラ(A)」の音を出すという役割も果たしています。

オーボエの仲間にあたる楽器

オーボエには、通常のオーボエより低い音が出せる種類のものもありす。「オーボエ・ダモーレ」という楽器は、バッハがその音色を好んだ楽器だと言われており、通常のオーボエより少し大きいのが特徴で、短3度低い音を出すことが出来ます。他にも、大きさが81cmあり通常のオーボエより5度低い音を出せる「イングリッシュ・ホルン」や、さらにそのイングリッシュ・ホルンより大きくて通常のものより1オクターブ低い音が出せる「バリトン・オーボエ」があります。

オーボエは木管楽器の一種で独特な甘い音色が特徴となっています。特にクラッシックバレエやオペラなどに使用されています。