手足が冷たく感じるのは内臓が冷えている

冬の時期になると悩みの種になるのが手足が冷たくなる冷え性ですよね。冷え性が冬に多いのは冬の外気の冷たさが原因だと思うことが多いのですが、実は冬の外気の冷たさよりもさらに深刻な原因が隠れている場合があるのですよ。それが内臓の冷えです。内臓の冷えは毎日の生活の中で代謝が落ちるような生活を繰り返し、本来内臓が持っていなければならない熱を生み出せず冷えている状態です。この内蔵の冷えを放置すると内蔵の機能が落ちてしまい、皮膚に異常が現れ老化現象を引き起こしたりまた様々な病気の原因にもなってしまいます。

内臓型冷え性を改善する岩盤浴とは

内臓型冷え性を改善するためには、やはり内臓自体を温めてあげることが改善の道といえるでしょう。内臓を温めるためにはしょうがや唐辛子などの食事療法以外にも、やはり代謝を挙げてくれる入浴をすることが大切です。その入浴において内臓型冷え性を改善するとして注目されているのが、スーパー銭湯に設置されることが多くなっている岩盤浴なのですよ。岩盤浴は山にある岩盤を板状に切り抜いて、その下に熱湯に近い温水もしくは電熱線を敷いて岩を温めたあとに寝そべる入浴法のことです。岩は元々溶岩が固まって出来たものであり、空気に触れて固まることで無数の空気穴があることで熱を通すだけでなくさらに人体の中に入る遠赤外線も発生させるので内蔵を直接温めてくれるのです。

体を温める岩盤浴の効果を解説

温められた岩盤浴は遠赤外線を放ち、それが体内の中にはいって細胞に行き届き温めます。温められた細胞は活動の力を取り戻し、その力によって前進に汗をかき始めます。汗をかくということは代謝があがっているので、細胞の修復力があがり皮膚の老化現象を抑えて美容効果を与えます。さらに汗と一緒に老廃物も出すので、血管の中がきれいになり酸素も十分に送られるようになるので脂肪燃焼効果が生まれダイエットにもつながります。それだけに高い効果を発揮する岩盤浴ですが、入浴上の注意点としては汗を出すということは水分が多く出るので脱水症状になりやすいのです。そのため入浴前と後には、しっかりとペットボトル一本分の水分を補給することが安全に楽しむことが出来ます。

岩盤浴を南浦和で探すと、格安の料金で利用が可能で質の高いサービスを受けられる施設を見つけられますので満足出来ます。